About Us

私たちの組織CAJLEとは

カナダ日本語教育振興会(CAJLE)は、1988年3月にトロントにおいて発足して以来、カナダにおける日本語教育の振興を目的として活動しています。年次大会や研修会などを開催するほか、地域活動の助成、出版物の発行など、さまざまな活動をおこなっています。

現在の会員数は約200名で、あらゆるレベルで日本語教育に携わる教師、また日本語教育に関心のある有志などから成り、その範囲はカナダ各地域をはじめ、アメリカ、日本、その他に及んでいます。 2008年8月には、創立二十周年を記念する年次大会が、発足地のトロントで開催されました。

さらに同年8月に、CAJLEは世界9つの国・地域の代表団体からなる「日本語教育グローバルネットワーク」より正式にカナダを代表する団体として認定され、ネットワークの一員として世界の他地域の皆さまとも提携することとなりました。 当会は、会員の中から選出された理事/役員によって運営される非営利目的の団体です。

リーフレットはこちらをご覧ください。

Established in Toronto in March 1988, the Canadian Association for Japanese Language Education (CAJLE) actively promotes Japanese language education in Canada. We operate a variety of activities including an annual conference, lectures, workshops, support of regional workshop/meetings, and the publication of academic journals.

We currently have approximately 200 members who are involved in the education of Japanese at all levels or are deeply interested in Japanese language education. Members come not just from Canada but also from the US, Japan and around the world. In Addition, CAJLE was officially approved to become a member of the “Global Network for Japanese Language Education” as the representing organization in Canada.

CAJLE now has a strong tie with other organizations in the world and is a non-profit organization run by executive board members selected by the association members.

CAJLE leaflet is available here.

CAJLEの役割

  1. 日本語教師の研修、新教師の養成
  2. 日本語教育に関する研究活動の興隆
  3. 関連団体との交流推進
  4. 日本語教師間の情報交換
The purpose of the Corporation is to promote the study of the Japanese language in Canada and includes the following goals:
  1. To impart specialized knowledge, skills and experience that are useful for the instruction of the Japanese language to its members and to teachers of the Japanese Language;
  2. To sponsor lectures, seminars and workshops for the benefit of its members, who are teachers of the Japanese language;
  3. To work and exchange information with various educations and ethnic cultural organizations that promote the spread of heritage languages and second languages.
  4. To encourage research and ethnocultural activities that promote Japanese language education within the context of the principles of multiculturalism in Canada; and

2018年度理事および役員

  • 会長青木恵子(クイーンズ大学)
  • 副会長柴田智子(プリンストン大学)金梨花(ブリティッシュコロンビア大学)
  • 書記白川理恵(ヒューロン大学),クラスナイいづみ(サスカチュワン大学)
  • 会計金梨花(ブリティッシュコロンビア大学)伊東義員(トロント日本商工会)善積祐希子(トロント大学)
  • 広報・ニュースレター赤井佐和子(ヒューロン大学),クラスナイいづみ(サスカチュワン大学),ベイリー氏江智子(バンクーバー日本語学校)
  • ウェブサイト米本和弘(東京医科歯科大学),善積祐希子(トロント大学)
  • 発表・企画柴田智子(プリンストン大学)脊尾泰子(マギル大学)善積祐希子(トロント大学)米本和弘(東京医科歯科大学)
  • ジャーナル編集安部さやか(ミドルベリー大学)津田麻美(コロンビア大学)林寿子(サイモンフレーザー大学)
  • 日本語教育グローバルネットワークプロジェクト:米本和弘(東京医科歯科大学),柴田智子(プリンストン大学)津田麻美(コロンビア大学),林寿子(サイモンフレーザー大学),非理事委員:川口真代(トロント大学)
  • 全国日本語弁論大会金梨花(ブリティッシュコロンビア大学),相津頼子(オタワ大学・カールトン大学),脊尾泰子(マギル大学),林寿子(サイモンフレーザー大学)
  • 2019年大会実行委員会木村美香(ビクトリア大学),伊東義員(トロント日本商工会),白川理恵(ヒューロン大学),脊尾泰子(マギル大学),善積祐希子(トロント大学),大会実行委員補佐:野呂博子(ビクトリア大学)
  • President: Keiko Aoki (Queen’s University)
  • Vice President: Tomoko Shibata (Princeton University), Ihhwa Kim (University of British Columbia)
  • Secretary: Rie Shirakawa (Huron University College),
    Izumi Krasznai (University of Saskatchewan)
  • Treasurer: Yoshikazu Ito (Toronto Japanese Association of Commerce & Industry), Ihhwa Kim (University of British Columbia), Yukiko Yoshizumi (University of Toronto)
  • Public Relations: Sawako Akai (Huron University College), Tomoko Bailey Ujie (Vancouver Japanese Language School)Izumi Krasznai (University of Saskatchewan)
  • Website: Kazuhiro Yonemoto (Tokyo Medical And Dental University), Yukiko Yoshizumi (University of Toronto)
  • Presentation-Planning: Tomoko Shibata (Princeton University)Yasuko Senoo (McGill University), Yukiko Yoshizumi (University of Toronto)Kazuhiro Yonemoto (Tokyo Medical And Dental University)
  • Journal Editor: Sayaka Abe (Middlebury College), Asami Tsuda (Columbia University), Hisako Hayashi (Simon Fraser University)
  • Global Network ProjectKazuhiro Yonemoto (Tokyo Medical And Dental University)Tomoko Shibata (Princeton University)Asami Tsuda (Columbia University), Hisako Hayashi (Simon Fraser University), Project Member: Mayo Kawaguchi (University of Toronto)
  • National Japanese Speech Contest: Ihhwa Kim (University of British Columbia), Yoriko Aizu (University of Ottawa, Carleton University), Yasuko Senoo (McGill University), Hisako Hayashi (Simon Fraser University)
  • Organizing Committee for the CAJLE 2019: Mika Kimura (University of Victoria)Yoshikazu Ito (Toronto Japanese Association of Commerce & Industry), Rie Shirakawa (Huron University College), Yasuko Senoo (McGill University), Yukiko Yoshizumi (University of Toronto), Assistant to the Committee: Hiroko Noro (University of Victoria)

翻訳

  • McGill students/alumni volunteers
    Guillaume Allusson
    Mariam Chartrand-Guled
    Jade Moussa
    Wei Jia Zhu
    Eliot Scharf
    Ayaka Kimata
  • Concordia University
    Scott Tin

ご不明な点などのお問い合わせは下記の電子メールアドレスへお願いします。
If you have any questions about the information on this page, please feel free to contact us by email at:
Si vous avez des questions au sujet de ce site, n’hésitez pas à communiquer avec nous: