Activities
発表募集
Call for Proposals
Appel de propositions
ラウンドテーブル・ディスカッション
Roundtable Discussion
Discussion en table ronde

発表募集

研究発表は、大会テーマに関わる発表を歓迎しますが、他に日本語教育、日本語学、継承語教育などの理論的考察、実践報告、また教材開発などを扱ったものなど幅広く募集いたします発表は、口頭発表(発表20分、質疑応答10分)、ポスター発表(90分の発表時間。その後も展示時間あり)に加え、ラウンドテーブル・ディスカッションも募集いたします。ラウンドテーブル・ディスカッションの話題提供者は2~5人、時間は60分です。話題提供者の問題提起が15分、参加者全員による意見交換が40分、話題提供者によるセッションの振り返りが5分とします。

発表言語は口頭発表・ポスター発表・ラウンドテーブルのいずれも日本語、英語、あるいはフランス語とし、アブストラクトの言語を発表言語とします

応募資格

発表者は当会会員に限ります。共同発表者も含め応募時に入会手続きがお済みでない場合は、選考の対象となりませんので、ご注意下さい。入会案内はこちらをご覧ください。なお、共同発表を含めて、応募は一人一題までとします。

大学院生への補助

本年度はこれまでと異なり、賞を設けませんが、大学院生(大会全日程への参加、発表、proceedingsが必須)を対象に一定金額の大会参加補助を考えております。なお、この補助とは別に、高円宮センターで大学院生のための奨学金制度が設置される予定です。その制度の詳細については来春以降にお知らせする予定です。

応募方法(口頭発表・ポスター発表・ラウンドテーブルとも

以下の項目を会員ページのオンライン応募受付サイトにご記入下さい。会員ページへのログインはこちらです。なお、応募時の要旨は、大会HPと大会当日の配布資料に掲載されます。

  • 発表題目:日本語と英語、または日本語と仏語。
  • 発表要旨:発表言語で作成。日本語要旨は700字以内、英語・仏語要旨は350語以内
    *応募者が特定されるような情報の記載は避けてください。
  • 発表の分野(日本語教育、言語学、継承語教育、その他)
  • 発表者氏名(日本語とローマ字で筆頭・共同発表者全員のもの)
    *ラウンドテーブルは2名以上で申し込む。
  • 所属(日本語と英語、または日本語と仏語で筆頭・共同発表者全員のもの)。
  • 希望する発表形態(口頭発表希望・ポスター発表希望・ラウンドテーブル希望のいずれか) *選考の結果、口頭発表/ポスター発表についてはご希望に添えない場合もあります
  • メールアドレス(発表者全員のもの)

締切:2020420日(月)
   *オンラインの応募受付は2020年1月末開始予定。
採否通知:2020511

大会Proceedings

大会後ProceedingsをCAJLEホームページで公開します。前大会までのproceedingsはこちらからご覧になれます。

Proceedingsのガイドライン(詳細は近日中にCAJLE Homepageに掲載)
長さ:枚数4枚〜10枚
提出締め切り:202097日(月)必着

なお、大会発表からジャーナル投稿にふさわしい研究を選抜しJournal CAJLE vol. 222021年夏発行予定、査読審査付)への投稿案内をいたします。

▲ TOP

Call for Proposals

We invite submission of abstracts for paper presentations and poster presentations on topics including, but not limited to, Japanese linguistics, Japanese language pedagogy, Japanese as a heritage language, as well as innovative teaching techniques. Submissions related to the conference theme are especially welcome. The allocated time for each presentation is 30 minutes (20 minutes for presentation and 10 minutes for discussion), and posters will be presented in a 90-minute poster session.

For CAJLE 2020 Annual Conference, we also invite submissions of abstracts for roundtable discussion, in addition to abstracts for paper and poster presentations. For the roundtable, a group of 2-5 presenters can submit a proposal. One roundtable discussion is given 60 minutes: 15 minute presentation by presenters followed by 40 minutes of group discussion and 5 minutes of summary and feedback by the presenters/facilitators.

Presentations may be given in either Japanese, English or French with the abstract in the language of the presentation.

Presenters

Individuals may submit only one proposal as presenters or co-presenters. Presenters, including co-presenters, must be members of CAJLE. Non-members will be required to submit a membership application prior to submitting a proposal. Membership information is here.

Support for Graduate Students

This year, we will NOT institute the Abstract Awards for graduate students, but we will still provide monetary support for graduate students. The recipients of this financial aid must attend the entire conference (two days), present their papers, and submit the proceedings.

Presentation Proposal Submission (Oral, Poster, Roundtable)

Please submit your proposal via the Online Proposal Submission form in the CAJLE member-only website. To access to the member-only site, please sign in from here.

  • Paper title (in both Japanese and English or in both Japanese and French)
  • Abstract: 700 letters in Japanese or 350 words in English/French
    * Please do not include any type of information that can identify the applicant.
  • Area of your study/research (Japanese pedagogy, Linguistics, Heritage Language Education, Others)
  • Name(s) of the presenter(s) (in both Japanese and English, or in both Japanese and French; list all co-presenters),
  • Affiliation (in both Japanese and English, or in both Japanese and French; list each co-presenter’s information),
  • Preference for presentation type: please indicate either “oral presentation preferred,” “poster presentation preferred,” or “round table”. We will accommodate preferences as space allows.
  • E-mail address (of all presenters)

Abstract Submission Deadline:  Monday, April 20, 2020
*The online proposal submission site will open around the end of January 2020.
Notification of Acceptance:  Monday, May 11, 2020

Conference Proceedings

We will publish the conference proceedings online (previous issues of the proceedings).
Guidelines for CAJLE Conference Proceedings
The length of manuscript: 4 ~ 10 pages
Submission deadline: Monday, September 7, 2020

Also, selected presentations at the conference will be invited after the conference for submission for Journal CAJLE, Volume 22 (to be published in summer of 2021. These submissions will undergo a separate review process set by the standards of the journal.

▲ TOP

ラウンドテーブル・ディスカッション

本大会では、口頭発表、ポスター発表に加え、ラウンドテーブル・ディスカッションの枠を設けます。ラウンドテーブル・ディスカッションは、話題提供者(発表者・ファシリテーター)のテーマについて、参加者がテーブルを囲み、自由に意見を交換する場です。話題提供者だけでなく、フロアの方々の研究や実践についても振り返り、今後どのように発展させたいかを考えることができるといった利点があります。本大会のラウンドテーブル・ディスカッションの概要については以下の通りです。

  1. 本大会のテーマに沿ったものを募集いたします。
  2. 話題提供者は、2〜5人とします。(口頭発表・ポスター発表と同様に、申し込み時に全員CAJLE会員である必要があります。また採択後、発表を希望される場合には、全員の方に大会参加登録をしていただくことになります。)
  3. 一つのセッションの時間は60分です。話題提供者の問題提起(概要と論点の説明)が15分、参加者全員による意見交換が40分、話題提供者によるセッションの振り返りが5分とします。
  4. セッション全体の司会進行は話題提供者が行います。意見交流の形式や内容について(グループの作り方・グループの人数・意見交流の時間内での時間の使い方など)は、自由です。
  5. 口頭発表と同様に、資料などのハンドアウトやスライドを準備していただいてもかまいません。その場合、ハンドアウトは20-30部ご用意ください。

話題提供者は、ワークショップや研修の講師のように全体の意見をまとめたり、結論づけたりする必要はありません。他の参加者とともに同じ立場で意見交流に参加してください。ただし、セッションの進行・時間管理は話題提供者の責任でお願いいたします。セッションの開始・終了時間を変更することはできません。

▲ TOP

Roundtable Discussion

We invite submissions of abstracts for roundtable discussion, in addition to abstracts for paper and poster presentations. Roundtable discussion is a session where presenters bring a topic and then facilitate an open discussion with attendees seated around the table. The Roundtable discussion provides a great opportunity to seek help with obstacles or issues you are currently facing or to discuss emerging topics with people who have common interests.

Instructions for the submission and the session are below.

  1. We encourage proposals relevant to the conference theme.
  2. A group of 2-5 presenters can submit a proposal for the roundtable. All presenters must be members of CAJLE prior to submitting a proposal and must register for the conference when the proposal is accepted.
  3. One roundtable discussion is given 60 minutes: 15 minute presentation by presenters followed by 40 minutes of group discussion and 5 minutes of summary and feedback by the presenters/facilitators.
  4. Presenters will lead and facilitate their roundtable discussion. It is up to the facilitator how to organize discussion, such as how to form groups, how to allocate discussion time, etc.
  5. Presenters may show PowerPoint slides and distribute handouts. Prepare 20-30 copies of handouts if they choose to do so.
  6. Presenters do not need to reach conclusions at the end of the roundtable. They can join the discussion with other attendees. It is the presenters’/facilitators’ responsibility to lead the session and manage time. The schedule (start time and end time) of the roundtable session cannot be changed.

▲ TOP

ご不明な点などのお問い合わせは下記の電子メールアドレスへお願いします。
If you have any questions about the information on this page, please feel free to contact us by email at:
Si vous avez des questions au sujet de ce site, n’hésitez pas à communiquer avec nous: