Activities

日本語教育グローバルネットワークプロジェクト中間報告
日本語使用者の言語と経験の多様性に対する理解促進のためのリソース開発

米本和弘(東京医科歯科大学)・柴田智子(プリンストン大学)・川口真代(トロント大学)
津田麻美(コロンビア大学)・林寿子(サイモンフレーザー大学)

色々な言語や文化にルーツを持っている人、日本語を学んでいる人、日本で働く人々、日本に興味のある人たちなど、「日本語=日本人」ではなく、私たちの周りには様々な「日本語話者」がいると思います。しかし、そのような多様な日本語使用者は社会において、どの程度意識され、またどのように認識されているでしょうか。本プロジェクトでは、多様な日本語使用者の「声」を集め、日本語にまつわる様々な考え方や経験について理解を深めることを目的としています。

多様性と調和が謳われている2020年の東京オリンピックは言うまでもなく、言語的・文化的に多様な人々がともに暮らす日本社会において、日本語や日本語話者に対する理解の育成・促進は、全ての人にとってよりよい社会の構築に資することにつながると考えています。

日本語教育グローバルネットワークプロジェクトとは?

日本語教育グローバルネットワーク(GN)には、日本語教育の研究・教育の交流と促進を目的に、世界12の国・地域の学協会が参加しています。GNプロジェクトは、加盟団体のうち2団体以上が参画するプロジェクトで、日本語教育グローバルネットワークによる承認を受け、遂行されています。

CAJLEは2015年まで「日本語教育アーティキュレーション・プロジェクト(J-GAP)」に参加し、2016年より「日本社会におけるトランスランゲージングの促進」プロジェクトをヨーロッパ日本語教師会とともに計画、実施しています。

プロジェクトの目的

本プロジェクトの目的は日本語によるコミュニケーションにおいて、これまで当たり前に捉えられてきた母語話者を中心とした一元的な言語観に疑問を投げかけ、日本語や日本語による言語活動の多様性に対する柔軟な理解を育成・促進することにあります。多様な日本語使用者には様々な地域、文化圏で学んだ日本語学習者も含まれます。これらの日本語使用者にとって、日本語は多様な言語活動の一環であり、彼らが総合的に持っている「言語」自体でもあります(García, 2009)。

こうした言語や言語活動について理解を深めるためには、単に多言語化を意識することにとどまらず、日本語によるコミュニケーションを社会一般においてより広義に認識することにつなげていくことが必要です。また、こうした社会における理解のための発信に日本語教育関係者が積極的に関わっていくことが必要であると考えています。

リソースの作成

本プロジェクトでは、多様な日本語を認める言語観を育成・促進するという目的の下、そのためのリソース、およびその使用例を作成しています。最終的には、これらを用いたワークショップなどの開催も行う予定です。
 
1. 多様な日本語話者に対してのインタビュー目的:多様な言語観や言語使用について理解ができるよう可視化すること
対象: 国内外の留学生、地域在住の非母語話者(ビジネス、在住者)、非母語話者と接触のある母語話者など
内容: 日本語の学習歴・使用環境、日本語使用に対する考えや経験など
2. インタビューをもとにしたウェブサイトの作成
セカイの日本語〜みんなの声〜」(仮)
リソースページ(各話者の再構築されたストーリー+短い動画クリップ数本)
3. リソースの使用例の作成
プロジェクトの背景やコンセプトの解説(言語教育、応用言語学など)
カナダ内外での授業や研修会などで考えられる用途について意見交換等を含む使用例構築のためのワークショップ開催

現在までの進捗状況

2020年中のプロジェクト完了を目指し、現在、リソースの作成を行っています。複数の日本語使用者にインタビューを実施し、そのうち数人のストーリーをウェブサイトに掲載しています。現在は引き続きインタビューを行うとともに、それらのインタビューで得られたストーリーをリソースとして再構築する作業を行っています。

また、これらのリソースをどういった目的で、どのように使用できるのかといった使用例に関しても掲載を目指して検討を行っています。そして、2019年中には、これらのリソースと使用例を用いてカナダ国内外で本プロジェクトについてのワークショップを実施する予定です。

現在、本プロジェクトに興味がある方の参加を歓迎しています。参加にはリソースの作成やワークショップ実施など様々な形が考えられますので、CAJLEウェブサイト内のプロジェクトのページをご覧いただくか、メール(cajle.project@gmail.com)でお気軽にご連絡ください。

謝辞

本プロジェクトの一部はJSPS科研費 16K21018の助成を受けています。