Publications

JOURNAL CAJLE – VOLUME 10 (2009)

Table of Contents

[寄稿]

待遇表現の教育

  • 川口 義一 (Yoshikazu KAWAGUCHI)

演劇・ドラマ的要素を日本語教育に導入する意義-日本語コミュニケーション教育への一提言-

  • 野呂 博子 (Hiroko NORO)

[投稿論文]

ビジネス日本語担当者に求められる役割-求められるものはビジネス経験か-

  • 粟飯原 志宣 (Shinobu AIBARA)

真偽疑問文(Yes-No Interrogative)が促す会話とは?-OPI形式の2者対面インタビューの場合-

  • 池田 佳子 (Keiko IKEDA)

海外の日本語教育における映像素材活用の意義とその実践報告

  • 小室リー 郁子 (Ikuko KOMURO-LEE)

「多様化への対応」に向けた日本語教師養成の課題-日本の日本語教師養成課程の現状分析から-

  • 平畑 奈美 (Nami HIRAHATA)

The effect of ‘weight’ of the relative clause construction in the L2 Japanese production

  • Kazue KANNO

 

Print ISSN: 1481-5168 Online ISSN: 1929-3135

 

待遇表現の教育 <PDF

川口 義一

「待遇表現」の指導と言うと「狭義の敬語」をどう教えるかに注目が集まる傾向がある。しかし「待遇表現」、なかでも「敬語(敬意)表現」は、相手に配慮して表現を選択する表現の体系であり、「狭義の敬語」ばかりでなく、会話・スピーチなどの口頭表現一般や文法事項の指導にまで関係する重要な指導項目である。教師が「敬語なんてむずかしいから、後で教えればいい」と思っていては、この広汎な「待遇表現」の世界は捉えられない。正に、初級の第一日目からどのように「待遇」を意識させるかが指導の眼目である。本稿では、まず「狭義敬語」の3分類の問題点を挙げ、70年代より提唱されている5分類の意義、所属する敬語群について説明する。さらに、「待遇表現」の教育の考え方、方法について、筆者の実践アイデアを紹介しながら論じたい。

▲ TOP

演劇・ドラマ的要素を日本語教育に導入する意義-日本語コミュニケーション教育への一提言- <PDF

野呂 博子

日本国外で学習する者にとって、コミュニケーション能力を育成する道は非常に限られている。そこで、演劇・ドラマが日本語教育に対して持つ可能性は大きく、また魅力的である。なぜなら、演劇は話し言葉、すなわち単に会話から独り言まで、人間が話すさまざまな種類の言語形式を使った芸術活動だからである。いわば、話し言葉の運動場、つまり話し言葉の訓練をする上で最適な場なのである。本稿の目的はなぜ筆者が演劇・ドラマ的要素を日本語教育に導入するに至ったかの経緯を含め、その理論的・実践的意義を探ることにある。

▲ TOP

ビジネス日本語担当者に求められる役割-求められるものはビジネス経験か- <PDF

粟飯原 志宣

「ビジネス日本語教師にはビジネス経験が必要」という趣旨の主張を耳にする機会は多い。しかし、何を「必要なビジネス経験」とするかについて言及した研究は見当たらない。教師一人の限られた分野における専門知識や経験が、学習者の多様なビジネス領域のニーズに対し充分また不可欠であるとも考えられない。本稿では、一個人のビジネス経験の何がビジネス日本語教育に付加価値をもたらすと考えられているかを調査し分析した。その結果、日本語教師個人のビジネス経験の有効性は、教育内容としてよりも、体験を通して得た企業人と共通した問題意識や、自律した学習能力・異文化調整能力の重要性を自覚し、教育に対し言語行動の対照研究という視点を持った点にあることが示唆された。このような視点から見える問題を収集し、テキスト化することにより、教師のビジネス経験の有無によらず、多様なニーズをもつ学習者に対し実効性を持ったビジネス日本語教育のスタンダード化が十分可能であると言うことができる。

What is Essential for a Business Japanese Teacher:
The Value of Business Experience in Business Japanese Education

Shinobu AIBARA

“Experience in business is essential for a business Japanese teacher.” This is a commonly accepted theory throughout the Japanese Education industry, however no research identifies what kind of business experience this must be. The personal experience of one particular teacher may not be sufficient to satisfy the wide-ranging individual needs of the students. So this paper discusses our research into what general business experience of an individual would prove  relevant and valuable for business Japanese education. The result suggests that rather than the content of the experience itself, it is independent insights such as the following that are more important: 1. Acquisition of the same point of view as a Japanese business person when dealing with problems in contact situations in Japanese, and 2. recognition of the importance of independent study and intercultural sensitivity. By acquiring these insights, a new perspective is achieved, giving rise to the identification of new issues. By producing a textbook where these new issues have been analyzed, it should be possible to meet the standards of business Japanese education for students with diverse needs regardless of whether a teacher does or does not have business experience.

▲ TOP

真偽疑問文(Yes-No Interrogative)が促す会話とは?-OPI形式の2者対面インタビューの場合- <PDF

池田 佳子

本研究では、日本語母語話者間のOPI(口頭能力インタビュー)形式対面会話資料を対象とし、会話分析法を用いてインタビューイが産出する質問発話の構造分析、およびその質問発話に続く回答者と質問者のやりとりの展開について質的に考察する。本稿では特に真偽疑問文(Yes-No Interrogatives)を取り上げる。YNIは一般に単純な回答を引き出すのみであり、会話の展開への貢献度が低いとの理解があるが、本研究で考察したOPI談話資料では、YNIは自然会話の中で必ずしも非周辺的な役割に留まらず、むしろ会話の進行を促すこともあった。本稿はこのように会話展開に貢献するYNIの仕組みを微視的な分析によって明らかにしようとするものである。

How does Yes-No Interrogatives develop conversation?: An analysis of OPI-type Interview data with native speakers

Keiko IKEDA

This study examines OPI type conversations among native Japanese speakers to investigate how yes-no interrogatives (YNIs) help the interlocutors develop their talk. Despite the general understanding that YNIs require a minimum answer, the interviewers in the OPI data frequently made use of them to elicit a rather extended response from the candidates. The study illustrates how this is enabled, using a conversation analytic approach to the data set.

▲ TOP

海外の日本語教育における映像素材活用の意義とその実践報告 <PDF

小室リー 郁子

中上級レベルでは、学習項目の数や種類が多岐にわたるため、短期間で実現可能な到達目標が設定しにくい。学習の過程で「これができるようになった」という達成感を覚える機会が限られ、特に海外では教育機関でのコース終了がそのまま日本語学習に終止符を打つケースが少なくない。そのような学習者たちに、映像素材を通して教室の中で自然な日本語に触れる場を提供し、自分たちの能力と知識が、母語話者が楽しむ作品を同じように見て楽しめるだけの高い水準に達していることを実感させてやることが、彼らの自信とその後の意欲的な学習継続に繋がるのではないかと考えた。本稿では、日本語教育における映像素材の使用について概観した後、中上級の学生を対象に行った、映像素材を用いた授業の実践例を紹介する。

The Significance of Using Audio-Visual Materials as Teaching Tools Outside Japan

Ikuko KOMURO LEE

It is often the case that intermediate-advanced level students do not clearly recognize their accomplishments in the learning process. Unlike beginner level students, it is not easy for them to set more than one short-term goal where they can continually assess and recognize their progress. Especially outside Japan, intermediate-advanced students’ lack of confidence in learning Japanese at times discourages them from continuing their studies. Using audio-visual materials such as films and TV dramas in the classroom enables learners to become familiar with spoken Japanese in “close-to-real” situations and environments. Moreover, this ensures the feeling that they have understood and enjoyed the materials in the same way that native Japanese speakers do. As a result, they can gain confidence in their language abilities, and are encouraged to continue to pursue their studies.   In this paper, I first survey audio-visual materials and their usage in the classroom and then discuss their effectiveness as illustrated by their use in one of my intermediate-advanced level classes.

▲ TOP

 「多様化への対応」に向けた日本語教師養成の課題-日本の日本語教師養成課程の現状分析から- <PDF

平畑 奈美

本稿は、日本国内の日本語教師養成制度の現状について報告し、その問題点を分析したものである。2003年の日本語教育能力検定試験の改訂以降、日本語教師養成における学習事項は拡大したが、それらをどう扱うかは各養成機関に任されている。だが「日本語教師」の定義が曖昧な中で、養成機関は様々な制約を抱えており、日本語学習の多様化に対応するのは難しい。こうした問題に対して、教育学の視点からは、「教師の自己成長」の重要性が指摘されている。しかし、日本語教師は学校教師と異なり、成長に援用できる必要な情報の確保が容易ではない。特に海外での活動にあたる母語話者教師に関して、問題はより深刻であるにも関わらず、国内の教師養成課程は海外の現場を十分に意識して対応しているとは言い難い。これらの問題を解決するためには、日本語教師に必要な資質能力を改めて検討することと、世界の日本語教師養成機関とその関係者が情報を共有できるようにしていくことが必要だろう。

Issues of Training Japanese Language Teachers to Response to Learning Diversification: From an Analysis of the Curriculum for Training Japanese Language Teachers in Japan

Nami HIRAHATA

The purpose of this study is to report on the actual conditions of the current system for training Japanese language teachers in Japan, and to consider measures for improving it. Since the Japanese language teaching competency test was changed in 2003, the number of study items in the curriculum for training Japanese language teachers was expanded. However, it was left up to each teacher-training organization to decide how to adopt these new items. Moreover, there still are no clear regulations defining what constitutes a Japanese language teacher. Most of the teacher-training organizations have experienced some difficulties responding to the increasingly diversified aspects of Japanese language learning. Regarding this problem, “teachers’ self-development” is considered important from the pedagogical viewpoint. However, Japanese language education is different from school education, and the acquisition of knowledge appropriate for “development” can prove to be difficult. The conditions are especially more complicated for native Japanese speaking teachers who work abroad, and yet it is not considered an important issue in Japan. Therefore I propose a reexamination of the competencies required for Japanese language teachers, and that efforts be made to share information about these problems between all the organizations or persons concerned with the training of Japanese language teachers throughout the world.

▲ TOP

 The effect of ‘weight’ of the relative clause construction in the L2 Japanese production <PDF

Kazue KANNO

Previous research shows that non-native speakers of Japanese produce relative clauses (RCs) infrequently. This study attempts to identify specific production factors that contribute to this by examining and analyzing the RCs in two sets of spontaneous oral production data collected from advanced English-speaking learners of Japanese. The results show (i) that the RCs produced by the learners are “short” with respect to the number of component words, and (ii) that they tend to occur at the beginning of a clause. In contrast, these two characteristics were not observed in the RCs produced by native speakers. A possible explanation for the brevity of RCs in L2 speech and the placement of RCs in ‘initial’ position lies in their syntactic complexity—particularly in the presence of a gap, which requires considerable pre-planning in Japanese since relative clauses precede the noun that they modify.

第二言語習得の発話データにおいて関係節の使用頻度の低さが報告されいるが、本稿では頻度の低さの要因として、関係節の構造的複雑さがもたらす「重さ」が関与しているのではないかと考え、検討した。調査は英語を母語とする上級日本語学習者を対象として、2つの発話データにおいて使用された関係節を様々な面から分析、調査した。その結果、学習者の関係節の特徴として「短い」ということ、そして文頭の部分に関係節が使われる頻度が高いことが分かった。これは関係節の構造的複雑さ、又日本語の関係節が前置型であることが即時的になされなければならない発話にもたらす影響であり、関係節の頻度の低さに貢献しているのではないかと考える。

▲ TOP