Publications

JOURNAL CAJLE – VOLUME 19 (2018)

Table of Contents

[投稿論文]

多様な学習背景を活用した教室活動を考えるー日本語独習者の他者とのつながりに注目してー

  • 池田 朋子 (Tomoko IKEDA)

「文法を重視する」という日本語教育に対する教師の考えはどのように作り出されているのか―言語教育のローカル化の視点から―

  • 瀬尾 匡輝 (Masaki SEO)

Print ISSN: 1481-5168 Online ISSN: 1929-3135

多様な学習背景を活用した教室活動を考える―日本語独習者の他者とのつながりに注目して― <PDF

池田 朋子

本稿は、日本語独習者2名に行ったライフストーリー・インタビューの結果と、独習者が参加する日本語クラスの学習者を対象に行ったアンケート結果を分析し、独習者が増加する日本語クラスのあり方を検討するものである。インタビューの結果、独習者は日本語レベルの異なるクラスメイトとも相互主体的な関係性を築き、日本語学習を通して新たな自己を形成していることがわかった。一方で、クラスの学習者の中には、未習の学習項目をすでに知っている独習者がクラスにいることに不公平感を持つ者もいることが先行研究から明らかになっているが、レベルが上位の学習者をゲストに招いた教室活動では、レベルの異なる学習者から学ぶということに肯定的であることがアンケート結果から明らかになった。これらの分析結果から、レベルを統一するのではなく、多様性やレベル差を受け入れ、教室を多様な学習者同士がつながるコミュニティーとして捉えることが学習者にも教師にも求められると考えた。

How to Take Advantage of Diverse Learning Backgrounds in Classroom Activities: Focusing on classroom interactions between self-taught Japanese learners and other students

Tomoko IKEDA

This paper discusses the management of Japanese language classes that include self-taught Japanese learners, as the numbers of such students in the classroom are expected to increase in the future. The paper is based on analysis of life-story interviews for two self-taught Japanese learners and a questionnaire survey given to other students in their Japanese class. The interview results showed that self-taught learners built intersubjective relationships with their classmates even as their levels differed, and also constructed self-awareness through Japanese language study. While previous research has shown that other students often feel a sense of unfairness when sharing the classroom with self-taught learners, since self-taught learners typically possess more knowledge about Japanese language, the questionnaire also revealed that these students appreciated being in class with higher level students when class activities include senior students as guest mentors. These results suggest that it is necessary for both teachers and learners to consider the classroom as a community in which interactions among multi-level students can deepen, and to embrace diversity and differences rather than strive to standardize students’ levels.

▲ TOP

「文法を重視する」という日本語教育に対する教師の考えはどのように作り出されているのか―言語教育のローカル化の視点から― <PDF

瀬尾 匡輝

近年言語教育において、教育が営まれる現場の視点を重視して実践を構築するローカル化の重要性が述べられている。その議論では、ローカルの学習者や教師達の経験及び知識に立脚したローカルナレッジの重要性が説かれており、実践者である教師がボトムアップ的に実践や理論を構築していくことが目指されている。本稿では、香港で働く日本語母語話者教師西口(仮名)氏へのインタビューと授業観察を分析し、彼女がどのようにして現地の社会的文脈に合わせて教育実践を行っているのか探った。その結果、西口氏が周囲の教師や学習者とのやりとりのなかで文法を重視した日本語教育像を持つようになり、それを基にして実践を行うようになったことが明らかになった。このことから、ローカル化の議論を深めていくうえで、地域内の複雑な力関係にも目を向けることの重要性を主張する。

How Teacher’s Belief on Grammar is Constructed: From the Perspective of Localization in Language Education

Masaki SEO

The localization of language education refers to replacement of methods and teaching materials that are influenced from the target language culture with ones that are more appropriate for local context. It has been widely recognized in the field of English language education. Through interviews and class observations on Nishiguchi-sensei (pseudonym) who teaches Japanese language in Hong Kong, this study investigates how she constructed her belief on grammar from the perspective of localization of language education. Nishiguchi-sensei was not focusing on grammar when she first started teaching in Hong Kong. However, as she interacted with her learners, coordinator, and colleagues, she started to construct an image of leaners in Hong Kong who like to study grammar. With that image, she started to focus on grammar explanation when she teaches. From the findings, this paper discusses the importance of power relationship within local in order to discuss localization of language education.

▲ TOP