Publications

JOURNAL CAJLE – VOLUME 17 (2016)

Table of Contents

[寄稿]

21世紀の言語教育:拡大する地平、ぼやける境界、新たな可能性

  • 青木 直子 (Naoko AOKI)

[投稿論文]

日本語学習者の聞き手としての行動を評価する―相づちと頷きの不自然さに着目して―

  • 半沢 千絵美 (Chiemi HANZAWA)

国際結婚移住女性の書字言語習得支援に関する一考察―ソーシャル・サポートという視点から―

  • 向井 留実子 (Rumiko MUKAI)・新矢 麻紀子 (Makiko SHINYA)・高橋 志野 (Shino TAKAHASHI)

日本語におけるテクスチャーを表すオノマトペ―スウェーデン語と英語、および韓国語と比較して―

  • 武藤 彩加 (Ayaka MUTO)

Print ISSN: 1481-5168 Online ISSN: 1929-3135

21世紀の言語教育:拡大する地平、ぼやける境界、新たな可能性 <PDF

青木 直子

21世紀に入って、世界は大きく様変わりした。地球規模の人口移動が加速し、格安航空会社のシェアの拡大にともなって、国境を越えた行き来は従来にも増して、気軽にできるようになった。さらに、インターネットとモバイル・テクノロジーの爆発的普及は、物理的な距離に関わりなく、人と人とのつながりを可能にした。こうした中で、教育のグローバル化が推進され、高等教育機関に在籍する学生の国境を越えた移動も大幅に増大している。これらの変化は言語教育の現場にも大きな影響を与えている。日本語教育も例外ではない。本稿では、世界の変化を簡単に整理した上で、それが言語教育にどのような影響を与えているか、教育現場にどのような課題をもたらしているかを論じ、教室をとりまく社会の激変への対応策を、学習者の自己・主体・アイデンティティ、教室外の学習、言語学習アドバイジング、セルフアクセス、デジタル・ネイティブ世代の学習スタイルという5つの観点から提案する。

Language Learning in the 21st Century: Expanding Horizons, Blurring Boundaries and Emerging Possibilities

Naoko AOKI

Since the turn of the century, the world has dramatically changed. Global migration has been accelerated and, with the increasing share of low cost carriers in the aviation market, people cross national borders as easily as ever. The phenomenal development of internet and mobile technologies have also facilitated connecting people irrespective of the physical distance among them. In the context of higher education, globalization has become a big issue and the number of students crossing borders to study abroad has more than doubled over the past ten years or so. These social changes have greatly affected the field of language education. Japanese language education is no exception. In this paper I shall first look at the changes and discuss how they are affecting language education and what challenges they pose to language educators. Then I shall suggest ways to meet the challenges, drawing on five trends in applied linguistics; learners’ self, subjectivity and identities, language learning beyond the classroom, language advising, self-access language learning, and new literacies and popular culture.

▲ TOP

日本語学習者の聞き手としての行動を評価する―相づちと頷きの不自然さに着目して― <PDF

半沢 千絵美

本研究では、聞き手としての行動である相づちと頷きに着目し、日本語学習者の相づちと頷きの使用・不使用が日本語母語話者にどのように評価されているのかを分析した。評価の材料として用いたのは14組の母語話者と学習者による自由会話(8分)と物語伝達(1-2分)を録画したものである。これらの会話の参加者とは異なる母語話者3名が評価者として調査に参加した。評価者には28本の動画を視聴してもらい、1)学習者が母語話者の話を聞く際に産出した相づちまたは頷きに不自然さを感じるものがあるか、2)相づちまたは頷きがないことに不自然さを感じる箇所があるか判定を依頼した。その結果、計1286の相づちと頷きのうち74が3名中2名以上に不自然であると指摘されたほか、相づちまたは頷きの欠如に関するコメントも5か所について得られた。評価者が不自然だと感じた相づちと頷きは、「英語の使用」「丁寧さに欠ける相づちの使用」「談話の流れに合わない相づちまたは頷きの使用」に分類が可能となった。

What Makes Learners’ Aizuchi and Head Nods Unnatural?: Native Speakers’ Evaluations of Learners’ Listener Behaviors

Chiemi HANZAWA

This study examines native speakers’ evaluations of learners’ verbal listener responses (aizuchi) and nonverbal listener responses (head nods) in Japanese conversation. Video recordings of 14 NS-NNS free conversation (8 minutes) and 14 NS-NNS narrative story-telling (1-2 minutes) were used as evaluation material. As evaluators, three native speakers who were not engaged in the NS-NNS conversation above participated in this study. Evaluators were asked to watch 28 video recordings and to 1) mark the learner’s aizuchi or head nods that they thought were unnatural, and 2) comment on the lack of aizuchi or head nods in the discourse. As a result, among 1286 aizuchi and head nods, 74 were marked as unnatural by at least two evaluators among three, and there were 5 comments regarding the lack of aizuchi or head nods. Aizuchi and head nods that were perceived as unnatural by evaluators were categorized as follows: use of English expressions, lack of politeness in aizuchi use, and the use of aizuchi or head nods that are not appropriate in the given discourse.

▲ TOP

国際結婚移住女性の書字言語習得支援に関する一考察―ソーシャル・サポートという視点から― <PDF

向井 留実子・新矢 麻紀子・高橋 志野

本稿の目的は、国際結婚移住女性の書字言語習得の課題を示すとともに、X地域を事例としてその解決の方策を検討し、新たな提案をおこなうことである。筆者らがX地域で実践している国際結婚移住女性を対象とした漢字教室では、教室への継続的参加者が少ないこと、継続的参加者の中に、漢字を書きたいと希望していながら、書字に抵抗を感じている者がいることなどの問題が生じていた。そこで、参加者が日常どのように書字言語処理をおこなっているのか、仲介者の利用があるのかなどを調査したところ、家族や友人の関与のしかたが漢字教室の参加継続や書字の際の抵抗意識に関係している可能性が示唆された。本稿では、これらの結果を受け、よりよい対人関係と心身の健康を目指すソーシャル・サポートの視点から、適切な支援のあり方を検討し、国際結婚移住女性たちの今後のライフステージの変化も見据えた書字言語学習支援について提言をおこなう。

Literacy Acquisition Issues and Support for Immigrant Women in International Marriages from the Standpoint of Social Support

Rumiko MUKAI・Makiko SHINYA・Shino TAKAHASHI

The purpose of this paper is, along with shedding light on the issue of literacy acquisition among married immigrant women in Japan, to suggest a new proposal based on case studies in a particular area of Japan, referred to hereafter as Region X. In a literacy class for married immigrant women in Region X the number of participants who continued was limited, and among those who did continue, there were some who, even though they hoped to learn to read and write, felt uncomfortable with writing. When we conducted an investigation to ascertain how these women managed with kanji in their everyday lives and whether someone was helping them, it became evident that there was a possibility that interaction with family and friends had an effect on continued attendance and discomfort with writing kanji.  In light of these results, we need to consider what kind of learning literacy support is appropriate for married immigrant women from the standpoint of social support which aims to improve personal relationships and emotional health, and to propose how to prepare them as they move on to new life stages.

▲ TOP

日本語におけるテクスチャーを表すオノマトペ―スウェーデン語と英語、および韓国語と比較して― <PDF

武藤 彩加

本稿の目的は次の3点に関し、過去に行った3つの言語(スウェーデン語、 英語、韓国語)を対象としたそれぞれの調査の結果をまとめ、日本語と比較し考察することである。はじめに、日本語には220種の味を表す表現(以下、味表現)が存在するとされるが、他の言語ではどうか。次に、他の言語の味表現を日本語の「味ことば分類表」(瀬戸2003)によって分類できるのか。最後に、日本語にはテクスチャー(食感)を表す表現が多いとされるが、他の言語においても多いのか。この3点について検証した結果、結論を次の3点にまとめる。英語と韓国語、スウェーデン語にも多種多様な味表現が存在する。また、日本語の味ことば分類表で分類した結果、各言語においても分類表のカテゴリにほぼ一定数の味表現が存在する。そして、英語と韓国語、スウェーデン語においても、テクスチャー(食感)表現が一定数みられる。しかしながら、日本語においてテクスチャーのオノマトペが最も多いという可能性がある。以上の結果をふまえ、日本語の特徴ともいえるこの豊富なテクスチャー表現、中でもオノマトペを日本語教育でどう扱うべきかという点についても言及した。

Onomatopoeia Related to Food Textures in Japanese: A Comparative Study of Swedish, English, and Korean

Ayaka MUTO

This paper investigates expressions relating to taste as used by native speakers of Swedish, English, and Korean. Their responses to questions were analyzed, and three points were considered: (1) Kind of taste expressions: It is said that there are many words to describe taste in Japanese, but how about other languages such as Swedish, English and Korean? (2) Classification of taste expressions: Is it possible to classify the taste expressions in other languages by using the Japanese “taste words classification list” (Seto 2003)? (3) Texture expressions: It is said that Japanese has many words to express texture, how about other languages? The conclusion is as follows: (1) Many of the taste expressions in Japanese exist in English, Korean and Swedish. (2) After classifying taste expressions in other languages using the Japanese taste words classification list, several words from each language fit almost every category of the classification list. (3) In English, Korean and Swedish, many texture expressions exist. However, Japanese provides far more expressions to describe texture. Since this variety of descriptions for texture is a defining characteristic of Japanese, it is important to discuss how this can be taught to Japanese learners.

▲ TOP