Publications

Other Publications

継承語としての日本語教育—カナダの経験を踏まえて—

  • 中島和子・鈴木美知子(編)(1997)『継承語としての日本語教育—カナダの経験を踏まえて—』(カナダ日本語教育振興会)Welland, Ontario: Éditions Soleil
    Nakajima, K., & Suzuki, M. (Eds.). (1997). Japanese as a Heritage Language: The Canadian Experience (Canadian Association for Japanese Language Education). Welland, Ontario: Éditions Soleil.

Cover JHL本書は,「継承語としての日本語教育 (JHL)」という新しい領域に関する序論とカナダ連邦政府Department of Heritageの援助で初めて可能になったJHL全国大会とカナダのJHLプログラムに関する調査報告を含む。加えて、バンクーバー、カルガリー、トロント、オタワ、モントリオールのJHL実践に関するエッセイ5つ、JHL研究論文5つ、JHL教師のためのガイド、さらにトロント教育局が1994年に発刊した継承語プログラムのためのカリキュラムを日本語に応用したレッスンプラン3例を含む

This volume contains an introduction to the new emerging field “Japanese as a heritage language (JHL),” together with a report of the first national JHL symposium funded by the Department of Heritage of the Federal Government of Canada and the results of the survey of JHL schools and programs in Canada. This publication also includes five essays from the major JHL players in Vancouver, Calgary, Toronto, Ottawa and Montreal, five JHL research papers, JHL Teacher’s Guide, as well as JHL sample lesson plans based on the Generic Curriculum for Heritage Language Program published by Toronto Board of Education in 1994.

Downloadable PDF files (1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)

子どもの会話力の見方と評価—バイリンガル会話テスト(OBC)の開発—

  • カナダ日本語教育振興会(2000)『子どもの会話力の見方と評価—バイリンガル会話テスト(OBC)の開発—』カナダ日本語教育振興会
    Canadian Association for Japanese Language Education. (2000). Oral Proficiency Assessment for Bilingual Children. Toronto, Ontario: Canadian Association for Japanese Language Education.

Cover OBCOBCは、日本語を継承語として学ぶ7歳から14歳までの年少者のために、カナダ日本語教育振興会の会員有志によって1991年から開発されてきたもの。1992-1994年にかけて、オンタリオ州政府の継承語研究助成金を受けた。OBCは、年少者のバイリンガル会話力を三面に分けて診断するものである。3面とは(1)質問に答える力、(2)自ら会話をスタートして、しめくくる力、(3)1人でストーリーを述べたり、説明したり、弁護したりする力である。本書には、OBCの理論的根拠、各言語のフローチャートとタスク絵カードを使って実際にOBCを実施する際のガイド、そして最後に、採点と評価の方法が含まれている。OBC開発の背景についての詳しい情報は、中島和子・鈴木美知子・桶谷仁美(1994)「年少者のための会話力テストの開発」『日本語教育』83号 40-58を参照のこと。

The Oral Proficiency Assessment for Bilingual Children (OBC) has been developed by interested CAJLE members since 1991 for young JHL (Japanese as a heritage language) speakers ages 7-14. The project received the ‘heritage language’ research grants of the Government of Ontario during 1992-1994. This tool is intended to help diagnosing the child’s bilingual development in three domains: (1) how well the child can respond to the tester’s questions, (2) how well the child initiates the conversation and concludes it, and (3) how well a child tells his or her story or presents an explanation or an argument. This volume contains the theoretical background, practical guides for administering the OBC with flowcharts and picture task cards in each language, and finally, scoring and evaluations. For more detailed background, please refer to: Nakajima, K., Suzuki, M. and Oketani, H. (1994) “The Development of Oral Proficiency Test for Young Learners,” Nihongo Kyoiku Vol. 83, pp. 40-58.

Downloadable PDF files (正誤表/Errata1, 2, 3, 4, 5, 6)

ご不明な点などのお問い合わせは下記の電子メールアドレスへお願いします。
If you have any questions about the information on this page, please feel free to contact us by email at:
Si vous avez des questions au sujet de ce site, n’hésitez pas à communiquer avec nous: