Resources

掲示板

継続 第29回 日本語教師情報交換会・ビデオによる授業見学

詳細はこちらをご覧下さい。

(Posted on April 9, 2019)


JF/BATJ共催 「参加・表現する学び:実践共有とワークショップ」

オンライン参加可能です。詳細はこちらをご覧下さい。

(Posted on April 8, 2019)


Vancouver Island University大学教員公募のお知ら

詳細はこちらをご覧下さい。 https://careers.viu.ca/vacancy/japanese-language-professor-343438.html

(Posted on March 29, 2019)


カールトン大学・カナダ日本教育振興会共催  日本語教育ワークショップ

詳細はこちらをご覧下さい。 https://www.cajle.info/wp-content/uploads/2019/03/GNCarletonWS2019.pdf

(Posted on March 11, 2019)


つながろうねっト勉強会のお知らせ

詳細はこちらをご覧下さい。https://www.facebook.com/events/1924177051043207/

(Posted on March 11, 2019)


シンガポール国立大学  教員公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧下さい。Japanese Lecuturer Advertisement

(Posted on March 5, 2019)


BC州Kwantlen Polytechnic University  教員公募のお知らせ

詳細はこちらをご覧下さい。 KPU_JAPN_Search_Regular 75%_March, 2019

(Posted on March 4, 2019)


継続 第28回 日本語教師情報交換会・日本語クラス見学

詳細はこちらをご覧下さい。 20160504Keizoku28

(Posted on March 1, 2019)


継続BC 第4回 JALTA・CAJLE共催 日本語教師情報交換会

▶︎ View Details

「漢字の指導・漢字の将来」

日時:2019310日(日)1:30-3:30pm
1時開場ー開始まで懇親会にぜひご参加下さい)
会場:バンクーバー日本語学校
   487 Alexander St. Vancouver, BC
参加費:無料
参加登録リンク:https://goo.gl/forms/IAWXG3leWCJ3fTU22

教室で漢字だけに使える時間がとれない、BC州には漢字圏出身の学習者が多い、デジタルの時代に漢字の書きをどこまで求めるべきか、など、教室内外の漢字指導・学習に悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。今回の継続BC4回では前半のセッションに、学習者の興味を引き出す効果的なご指導で知られるランガラカレッジの林長司先生をお迎えして先生のご指導法をシェアしていただきます。後半のセッションではご参加者の皆様にご担当のレベルごとに分かれてグループで日々の漢字指導の取り組み、アイデア、問題点、将来の漢字学習の方向についてご意見を交換していただこうと思います。日本語教育に携わっておられる方、ご関心のある方はどなたでもご参加いただけます。前回に引き続き多数の皆様にご参加いただけますようよろしくお願いいたします。

バンクーバー周辺の日本語教育関係者の皆さま同士の親睦を深めるためにも、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

実行委員
ベイリー(CAJLE/JALTA) 阿部(CAJLE/UBC) ・金 (CAJLE/UBC)

お問い合わせ:阿部   masumi.abe@ubc.ca

(Posted on February 10, 2019)

Japanese Lecturer Position at University of British Columbia

詳細はこちらをご覧下さい。UBC_JAPN Lecturer Ad_Jan 2019

(Posted on February 2, 2019)


第33回JLTANE(Japanese Language Teachers’ Association of New England)年次大会のお知らせ

今年の大会は、2019年5月5日にボストン大学で開催されます。 
詳細はこちらをご覧下さい。http://sites.bu.edu/jltane/
(Posted on February 2, 2019)

Faculty of Humanities, Department of Pacific and Asian Studies
University of Victoria
Assistant Teaching Professor in Japanese Language

▶︎ View Details

The Department of Pacific and Asian Studies in the Faculty of Humanities at the University of Victoria is seeking applications
for a continuing faculty position at the Assistant Teaching Professor level, with an expected starting date of July 1, 2019.
The initial appointment is for four years, with eligibility for a continuing appointment in accordance with the Collective
Agreement between the University of Victoria and the University of Victoria Faculty Association.

We are seeking candidates with a record of excellence in teaching Japanese language at all levels – from beginner to
advanced – in a college or university setting, and a commitment to supporting and developing our Japanese language
program into the future. Applicants should have a demonstrated interest in pedagogical enquiry and teaching innovation,
as well as in other teaching-related activities (e.g., pedagogical research, publication, conference participation, outreach). In
addition to innovative teaching in Japanese, we are looking for someone who can speak to broader themes and issues in
language and pedagogy pertinent across the Asia Pacific region and beyond. The position requires administrative,
organizational, mentoring and leadership skills. Candidates must be able to work both independently and collaboratively
with other instructors; they will also be expected to participate actively in departmental activities.

Successful candidates must have native-level fluency in Japanese and English, and should hold at least an MA in a discipline
related to Japanese Studies, including but not limited to Japanese Linguistics, Language Pedagogy, Modern or Premodern
Japanese Literature and Culture; a PhD is preferred. Familiarity with new technologies in teaching and methods of
assessment is desirable; the ability to teach courses in Japanese culture would also be an asset.

Applications should include a cover letter, full CV, 2 sample course syllabi (1 introductory, 1 advanced), and evidence of
teaching excellence (course evaluations, awards). Though not required, a link to a teaching demo video may optionally be
included. Applicants should also arrange for three confidential letters of reference. All application materials, including
letters of reference, should be submitted via email to paasapp@uvic.ca

The deadline for applications is January 11, 2019.

The Department of Pacific & Asian Studies (PAAS) is a dynamic, interdisciplinary Department within the Faculty of
Humanities. It has particular strengths in Chinese and Japanese Studies, and a growing program in Southeast Asian Studies.
PAAS offers a range of programmes at the undergraduate and graduate levels, and it is involved with a number of campuswide
initiatives, such as the Centre for Asia Pacific Initiatives.

Faculty and Librarians at the University of Victoria are governed by the provisions of the Collective Agreement. Members
are represented by the University of Victoria Faculty Association (http://www.uvicfa.ca).

Persons with disabilities, who anticipate needing accommodations for any part of the application and hiring process, may
contact Francesca Pintucci, in the Office of the VP Academic and Provost, at 250.472.5491 or via email at
frconsultant@uvic.ca. Any personal information provided will be maintained in confidence.

This position requires the candidate to produce a verification of degree(s), credential(s) or equivalencies from accredited
institutions and/or international equivalents at the time of a site interview.

The University of Victoria is an equity employer and encourages applications from women, persons with disabilities, visible
minorities, Aboriginal Peoples, people of all sexual orientations and genders, and others who may contribute to the further
diversification of the University. All qualified candidates are encouraged to apply; however, in accordance with Canadian
immigration requirements, Canadians citizens and permanent residents will be given priority.

(Posted on November 9, 2018)


BC州ランガラ大学教員公募のお知らせ

▶︎ View Details
CONCURRENT JOB POSTING
(As per Article 10.2.3. of the Collective Agreement)
Department: Modern Languages
Subject Area: JAPANESE LANGUAGE

Description of Position: A position as a Japanese language instructor. Currently available
are two sections of Japanese 1115 (Beginner’s Japanese 1) for
the spring 2019 semester.

Required Qualifications:
• A minimum of a Master’s degree in Japanese language, linguistics, or related field in which the
candidate has specialized in the teaching of a foreign or second language.
• A minimum of two-year experience teaching Japanese at the college or university level.
Applicants should have knowledge and ability to teach Japanese grammar, composition and
oral communication skills from beginners to advanced levels.
• Excellent interpersonal skills and the ability to participate actively in departmental and college
administrative tasks.
• A strong ability to work both independently and as a part of a team
• Excellent oral and written communication skills in English.
• Native or near native level of fluency in Japanese
• Ability to work with educational technologies used in language instruction and learning, and
curriculum development: word processing, PowerPoint, Spread Sheet, applications used with
mobile devices, online media, etc.
• Knowledge about class management such as BrightSpace.

Other requirement: Candidates must be a Canadian citizen or Permanent Resident
or provide proof of Work Visa/Permit prior to offer of employment.

Length of appointment, if temporary: Recruiting for spring 2019. Initially a term
appointment but may lead to additional work in the department.

Start Date: December 1, 2018, teaching begins January 2, 2019.
Salary placement on Langara instructors’ salary scale in accordance with qualifications
and experience.

Application Information:
Internal Candidates: To apply, send your resume, quoting
competition # F in the subject line of your email to:
employment@langara.bc.ca.External Candidates: To apply, send your resume, quoting
competition # F in the subject line of your email to:
employment@langara.bc.ca

Deadline:November 12, 2018

For further information regarding this opportunity please contact Stacey Collins,
Department Chair, at scollins@langara.bc.ca 

(Posted on November 3, 2018)


Recruitment Email: アンケート調査のお願い

▶︎ View Details
日本語の先生方、

益々ご活躍の事とお慶び申し上げます。

このたび、日本語教育の現状(特に教育観や教育現場の多様性という点について)を把握する調査を行なっております。つきましては、先生方に、簡単なオンラインアンケートにご回答いただきたく存じます。調査結果はこちらでまとめ、それを元にしたパネルセッションを、来年のAAS (Association for Asian Studies) にて企画しております。このパネルセッションには日本語教育に携わっている多くの先生方に参加していただき、普段なかなか話し合う機会のなかった経験や考えを共有できる場となることを望んでいます。また、パネルセッションを元にした論文も発表させていただく予定でおります。

アンケートは無記名式で、個人が特定でないように設定されております。また、皆様からいただいた回答は集計・分析した上で発表させていただきますが、ご回答いただいた情報にはプロジェクトチーム以外にはアクセスできませんので、ご安心ください。ご多忙中大変恐縮に存じますが、ご協力いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

アンケートはこちらから、2018年11月30日までにお願いいたします。

 

プロジェクトチーム:

森純子 (ウィスコンシン大学)

長谷川敦志 (ケンタッキー大学)

鈴木貴美子  (ハバフォード大学)

朴智淑(コロンビア大学)

 

Dear Japanese Language Professionals,

 

We are conducting a survey to learn about Japanese language educators’ perspectives on the issue of diversity, inclusion, and professionalism as it pertains to their professional field. We will summarize the information collected from this survey and use it in a panel discussion we are organizing at AAS (Association for Asian Studies) next March. We hope that this panel session will serve as a valuable forum where many Japanese language professionals come together and share their perspectives and experiences on this issue. We also plan to write a report based on the panel discussion and disseminate it in a publicly available format. We would be grateful if you could take a few minutes to answer this online questionnaire.

 

Please be assured that your responses are anonymous and only the project team will have access to your individual responses. We will tally the collected information as numerical data or narratives without any personal information to ensure that no individuals will be identifiable upon presentation. We truly appreciate your forthright responses as well as your time and support for this project.

 

Access the survey HERE. Please complete by November 30, 2018.

 

Project Team:

Junko Mori (University of Wisconsin-Madison),

Atsushi Hasegawa (University of Kentucky),

Kimiko Suzuki (Haverford College),

Jisuk Park (Columbia University) 

(Posted on October 27, 2018)


Probationary (Tenure-Track) Appointment

Japanese Studies: Japanese Language and Culture

 

▶︎ View Details
Established in 1863, Huron University College is the founding college of Western University and offers liberal arts and theological programs. Huron is distinguished by its small classes and teaching excellence in a personal, supportive community. Huron is committed to providing its students with an engaging and inspiring educational experience that gives them a distinct advantage throughout their entire lives, and challenges them to be leaders with heart.

 

The Department of French and Asian Studies at Huron University College invites applications for a full-time probationary (tenure-track) appointment at the rank of Assistant Professor, commencing 1 July, 2019, subject to final budgetary approval. The successful applicant is expected to teach a Japanese language course, as well as to design and teach courses dealing with aspects of Japanese culture.

 

Candidates for the position will have native- or near native- command in both Japanese and English, with recent teaching experience at the post-secondary level in Canada or the United States and a proven record of academic publication. Candidates should also have a clear and verifiable record of success in teaching university level courses in both languages. We are particularly interested in candidates with a passion for undergraduate teaching, program development, including faculty-student joint research and other experiential approaches for undergraduate education, and a commitment to teaching a diverse student body. The successful applicant will also participate in the administrative life of the department and university.

 

Interested candidates should forward (by email) a letter of application, curriculum vitae, summary of research and specific teaching interests, pedagogical dossier (including statement of teaching philosophy, evidence of successful teaching, and sample course syllabi); as well as three confidential letters of recommendation.

 

Completed applications will be reviewed commencing December 31, 2018 and will continue until the position is filled.

 

Contact:

Michiya Kawai, Ph.D

Japanese Program Coordinator

Department of French and Asian Studies

Huron University College

1349 Western Road

London, Ontario, Canada N6G 1H3

E: mkawai@uwo.ca 

(Posted on October 27, 2018)


公開セミナー  日本語ライティング評価の支援ツール “GoodWritingRater” の活用の可能性:「人間」と「機械」による評価の統合的活用

▶︎ View Details
このたび,オンラインの日本語ライティング評価支援ツール “GoodWritingRater” が完成しました。これは,人間が学習者のライティングを評価し,機械にその結果を学習させて構築したライティング自動評価システムです。公開セミナーを行いますので,ご関心のある方は,ぜひご参加ください。

 

****************************************

 

日時:2018年12月2日(日) 13時~17時

場所:東京外国語大学府中キャンパス 留学生日本語教育センターさくらホール

http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/access.html (大学までの交通)

http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/campusmap.html (大学内の10番の建物です)

 

コメンテーター:伊東祐郎氏(東京外国語大学 大学院国際日本学研究院 教授・副学長)

 

****************************************

 

“GoodWritingRater”では,比較と意見のライティング(作文)を入力していただくと,(1)ホリスティック評価(総合的評価)とマルチプルトレイト評価(「目的・内容」「構成・結束性」「日本語」の3つのトレイト)の評価結果,(2)テキスト情報,(3)メタ言語ハイライトが表示されます。

 

【プログラム】

12:40~受付

13:00 開始

 

パート1-1: “GoodWritingRater”構築までの経緯

人間によるライティング評価,評価に使用した「評価用フローチャート」

1-2: “GoodWritingRater”デモストレーション

プロンプト(課題文),レベル別サンプル

 

パート2: コメンテーターから  伊東祐郎 氏

 

パート3: フロアとのディスカッション:“GoodWritingRater”の活用法とその限界

 

17:00 終了

 

*ご自分でパソコンとWi-Fi環境をご準備くだされば,その場でシステムを試していただくこともできます。(会場には,Wi-Fi環境はありません。ご了解ください。)

 

【申し込み】

参加は無料ですが,資料準備の都合上,参加予定の方は以下からお申し込みください。

https://goodwriting.jp/wp/

 

なお,本システムは,「日本語ライティング評価の支援ツール開発:「人間」と「機械」による評価の統合的活用」 (科学研究費補助金基盤研究B 研究課題番号: 26284074 (代表)田中真理 の助成を受けて作成されました。

 

今後,以下のGood Writing科研のサイトで,情報を更新していきます。どうぞご覧ください。

https://goodwriting.jp/wp/

 

企画者:阿部新,影山陽子,佐々木藍子,田中真理,坪根由香里(50音順) 

(Posted on October 27, 2018)


講演会 「なに」から「なぜ」へー社会を構築する日本語教育ー

▶︎ View Details
講師 細川英雄(早稲田大学名誉教授)
日時 11月10日(土) 10:30-12:00
場所 石川県国際交流協会 大研修室

ライブ配信 https://www.facebook.com/events/684524521913295/

講演概要
「なにを教えるか」というところから始まった、戦後の日本語教育は、数十年の経緯を経て、「なぜ教えるのか」というところまでたどり着いた。この過程は、言語への関心から人間への関心というように、教育観の大きな変容を示している。そして、このことは、日本語教育が、コミュニケーション能力向上という幻想を超えて、どのような人をつくり、どのような社会をつくるのかという大きな課題に直面していることを示唆するものである。

対象者 主として北陸地域の多文化共生および日本語教育に関わっている方々
参加費 無料

参加方法
下記の申し込みフォームからお申し込みください
https://goo.gl/forms/c6JVxRoSYV3K1UvV2

主催 「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」科学研究費補助金基盤研究B海外学術学術調査(16H05676).
後援 金沢大学国際機構・石川県国際交流協会

問い合わせ先
松田真希子 (mts@staff.kanazawa-u.ac.jp)

チラシダウンロード
https://www.dropbox.com/s/aoc876lb08fe3s5/hosokawa2018kanazawa.pdf?dl=0 

(Posted on October 15, 2018)


The Japan Foundation, Toronto

JOB POSTING: Part-time Lecturer in Japanese-Language

The Japan Foundation, Toronto is seeking a part-time

lecturer in Japanese-Language who will teach one class per week (Thursday evenings from 6:30 pm – 9:00 pm).

Application Deadline: Tuesday, November 6, 2018

Job Postings

(Posted on October 15, 2018)


にほんごアート作品展2019 作品募集のご案内

 「にほんごアート」は、漢字や平仮名、カタカナの言葉、また擬態語、擬音語を絵で表現する手法のことです。日本語を学ぶ皆さんの日本語や日本文化に対する関心を高め、日本語学習充実の一助となることを目的として、にほんごアート作品展を開催いたします。
 
詳しい作品の規定については、募集要項をご覧ください。
 
【応募締め切り】
2019223 必着
 
【応募資格】
オンタリオ州で日本語を学ぶ1年生から12年生までの生徒
 
【応募方法】
応募されるときは、各学校担当者の実行委員登録が必要です。
また、個人で応募される方は、保護者が実行委員となり登録が必要です。
実行委員の登録は20181130日までです。
以下の「応募書類の入手先」のリンクから、
Entry FormOrganizing Committee Member Registration Formをダウンロードして、
お使いください。
 
【応募問い合わせ先】  
にほんごアート作品展実行委員会
nihongoartcontest@gmail.com
 
【応募書類の入手先】
 
上記のリンクより、以下の4点の書類を入手できます。
 
1.にほんごアート作品展2019応募要項(PDF
2.Nihongo Art Exhibition 2019: Call for SubmissionsPDF
3.ENTRY FORM Nihongo Art Exhibition 2019WORD
4.Organizing Committee Member Registration FormWORD
 
1と2の応募要項および応募チェックリストは下記のサイトからもダウンロードできます。

継続BC 第3回 JALTA・CAJLE共催 日本語教師情報交換会

ー「レッスンプランを考えるー各課の導入から目標到達まで」
日時:20181028日(日)3:30-5:30pm
          3時開場ー開始まで懇親会にぜひご参加下さい)
会場:バンクーバー日本語学校
   487 Alexander St. Vancouver, BC
参加費:無料 
参加登録リンク:https://goo.gl/forms/j1LWoeqPjTKopOfE2
 
新しい課をどのように始めるかは教師にとって緊張の走る一瞬であり、学習者の期待が高まる一瞬でもあります。同じ教材を使っていても、教師それぞれのアプローチがあり、レッスンの流れに工夫があります。今回の「継続BC・第3回」では初級教科書の一つの単元(レッスン・チャプター)の導入から目標到達までの流れをグループワークを通して皆さんで考えたいとます。日本語教育関係者・教員・及びご興味のある方はご担当レベルや所属にかかわらずどなたでもご参加いただけます。1022日月曜日午後5時までに以下のリンクよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/j1LWoeqPjTKopOfE2 
 
バンクーバー周辺の日本語教育関係者の皆さま同士の親睦を深めるためにも、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
実行委員
ベイリー(CAJLE/JALTA) 阿部(CAJLE/UBC) ・金 (CAJLE/UBC)
 
お問い合わせ:阿部   masumi.abe@ubc.ca
(Posted on October 5, 2018)

The 2nd Canada Japanese Video Contest

第二回カナダ日本語ビデオコンテスト

 

Express yourself and your passion for Japan in a short video!

This is the 2nd contest for students in Canada who are learning Japanese language and culture. Express yourself and your passion for Japan in a short movie of 100 sec.!

 

Please submit entry by Nov. 17th, 2018

 

Website:

 https://sites.google.com/view/canadajapanesevideo/2nd-about-the-contest

 

The 1st contest (You can watch prize winners’ videos here.):

https://sites.google.com/view/canadajapanesevideo/canada-japanese-video-contest

 

(Posted on August 30, 2018)


 

日本語教育コンサルタント 募集要項

国際交流基金(ジャパン・ファウンデーション)は、世界の全地域において国際文化交流事業を実施する組織で、文化芸術交流、海外における日本語教育および日本研究・知的交流の3つを主要活動分野としています。ジャパン・ファウンデーション・トロントはその海外拠点の一つです。
本件募集は、フルタイムの日本語教育コンサルタントのポジションで任期は1年です(最長4年まで)。
詳細は以下のページをご確認ください。
http://jftor.org/job-postings/

JOB ADVERTISEMENT

Education Consultant (Japanese Language Education)

The Japan Foundation is an organization promoting cultural exchange between Japan and other countries in order to advance international mutual understanding. The Japan Foundation, Toronto is one of 25 overseas offices, offering programs grouped under three main areas: Japanese-Language Education, Japanese Studies and Intellectual Exchange, and Arts and Cultural Exchange.
This job posting is for a full-time Education Consultant (Japanese Language Education) position for a period of one (1) year, renewable up to four (4) years.
Please visit the below page for full details.
http://jftor.org/job-postings/

(Posted on August 30, 2018)


 

言語文化教育研究学会 第6回研究集会に向けた読書会のお知らせ

言語文化教育研究学会(http://alce.jp/)では、
2019年8月末に第6回研究集会を開催する予定です。
テーマは「つながりの向こうへ、」です。
様々な研究・実践で「つながり」がキーワードになりつつありますが、
何のためにつながるのか、つながった先に何があるのか、
そして、そこに何が生み出されているのかを参加者全員で考えたいと思います。

「つながり」について理解を深め、研究集会の方向性を定めるため、
エンゲストローム(著)『拡張的学習の挑戦と可能性—いまだここにないものを
学ぶ』の読書会を2018年11月に金沢で行います。
参加者には読書会までに課題の本を読んできていただきます。
また、各章の担当者を決め、レジュメを作成していただきます。

この機会にぜひみなさんで拡張的学習について議論をし、理解を深めましょう。
【オンラインによる参加も可能です】

日時:2018年11月10日(土)13:30-18:00  11月11日(日) 9:00-12:00
会場:石川県国際交流協会 石川県金沢市本町1-5-3リファーレ3階
参加費:会員・非会員ともに無料
定員:20名

詳細はこちらをご覧ください。
http://alce.jp/meeting/06/#reading

(Posted on August 14, 2018)


トロント日本語学校教員募集

児童(4歳から13歳)を対象に日本語及び日本の文化を教える教師を募集しています。
授業は9月から6月までの期間中毎週土曜日の午前中に実施されます。
応募に関しましては、以下を条件といたします:
永住権保持者
日本語を第一言語とし、英語も堪能な方、
クラス形式で複数の児童に日本語を教えた経験が2年以上ある方
応募方法
下記に履歴書を添えて8月12日までにご連絡ください:
principal@tjls.ca
担当:梶原、杉森
トロント日本語学校
www.tjls.ca

 

(Posted on August 3, 2018)


 

Japanese Study Fair at the Japan Foundation, Toronto!


Are you interested in studying Japanese but don’t know where to begin?

Do you understand some Japanese but are looking to put your skills to the test?

Come to the Japan Foundation, Toronto on

Friday, August 17th for our Japanese Study Fair!
6:00 – 8:00 pm at 2 Bloor Street East Suite 300

Japanese language schools from all around the GTA will be there to

share information about their programs, including booths and presentations.

Free resources and door prizes available!

RSVP at http://jftor.org/event/studyfair2018/

(Drop-ins are also welcome!)

Inquiries: Ms. Noriko Saito
nsaito@jftor.org 416-966-1600 x 224

(Posted on August 3, 2018)


 

日本語教師情報交換会:日本語学習を継続させる 27

 

カナダ日本語教育振興会(CAJLE)

国際交流基金トロント日本文化センター

 

トロント及びトロント近郊ではさまざまな年齢とレベルの学習者を対象に日本語教育が行われていますが、実際に教えている教師たちはほかの教育機関で行われていること、時には同じプログラム内であっても、自分以外の先生がしていることをあまりよく知らないのが現状だと思います。今、自分の目の前にいる学習者がどのような環境で何を学んできたのかを知り、そして今後彼らが日本語学習を継続するにあたりどのような選択肢があるのかを知ることは、教師にとって大変意味のあることだと考えます。また、教師間のネットワークを活性化させることにより、さまざまなレベルでの意見交換が頻繁に行われることにもなるでしょう。カナダ日本語教育振興会(CAJLE)と国際交流基金トロント日本文化センターでは、2009年12月より、日本語教育機関やプログラム間の“アーティキュレーション(連携、継続性)”のための素地を築くことを目指した集まりを企画してまいりました。

第27回目となる今回はオンタリオ州各地での「継承語としての日本語教育」への取り組みのご紹介を予定しております。それぞれの学校における新しい教材や独自の活動について、実際の生徒達の成果物なども紹介しながらご案内する予定です。

また、今回の情報交換会は、直接会場にお見えになれない方のためにオンラインでの参加を可能にいたしました。オンライン参加をご希望の方は以下の参加方法をご確認ください。

参加ご希望の方は、会場、または、オンラインでの参加に関わらず、以下のウェブサイトからお申し込みください。

 

日時:2018721日(土) 午後130分~ 430分 (開場:午後1時)(東部時間)

会場:国際交流基金トロント日本文化センター   2 Bloor Street East, Suite 300, Toronto, Ontario

 

スケジュール:

1:00 開場

1:30 開会

1:40 複文化・複言語主義に基づいた継承語としての日本語教育の可能性

田中香織 国際交流基金トロント日本文化センター

2: 10 学校紹介

 

  1. キングストン日本語教室(オンタリオ州キングストン市):青木恵子先生
  2. さくら日本語学校(オンタリオ州ウォータールー市):内田道世先生、国実久美子先生
  3. 森のまち日本語学校(オンタリオ州ロンドン市):マケボイ真紀子先生(幼稚部担当)、内原卓海先生(小学生高学年2組担当)

 

3:55 ネットワーキング

4:30 閉会

*発表者の方々とお話されたい参加者の方のために、会場は5時ごろまで開けておきます。

 

オンラインでの参加方法:

  • 今回はZoomというオンライン会議システムを利用いたします。
  • 発表者によるプレゼンの間、参加者はチャットボックスを使って質問をすることができますが、会場での質問が多い場合はオンラインからの質問には対応できない場合もあります。
  • 本情報交換会の録画は行いません。終了後に録画を視聴する機会はございませんので、あらかじめご理解ください。

 

  • 必要な機材:
    • インターネット接続
    • マイクとカメラ (パソコンに内蔵されているもので大丈夫です。)
    • イヤホン(ハウリングを防ぐのに必要です。)
    • スマホやタブレットの方は専用のアプリが必要です。(Zoomのアカウントは必要ありません。)

 

  • Zoomの利用方法:
    • 参加登録確認の際に「Meeting ID」が送付されますので、そのリンクを開いてください。プログラムがダウンロードされ、自動的に接続されます。場合によっては5分ほどかかる場合もありますので、初めて利用される場合は5分ほど前にはリンクを開いてください。
    • スマートフォンやタブレットの場合は、 予め ZOOM Cloud Meeting というアプリをダウンロードしてください。アプリを開いてから、参加登録確認の際送付される「Meeting ID」を入力するとご参加になれます。
      • iTunes https://itunes.apple.com/ca/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
      • Android https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

 

 

参加申込 http://jftor.org/event/keizoku27

 

*ご質問等ございましたら、担当者までご連絡願います。

担当:

国際交流基金トロント日本文化センター 齋藤典子

E-mail: nsaito@jftor.org           Web site: www.jftor.org

CAJLE 小室リー郁子

E-mail: ikuko.komuro.lee@utoronto.ca            Web site: http://www.cajle.info/

 

Information Exchange Meeting for Japanese Language Teachers: Continuing Learning Japanese 27

 

Canadian Association for Japanese Language Education (CAJLE)

The Japan Foundation, Toronto

 

Japanese is taught at several secondary schools in Toronto and its surrounding areas. Yet, it appears that teachers do not know much about the other institutions, courses or programmes. This lack of understanding can sometimes be found even within the same institution. We believe that it is very important and necessary for teachers to know what their current students have previously studied and in what type of environment that education took place. Similarly, it is important to be informed of the available learning opportunities for students who wish to continue studying Japanese.  We believe it is essential for teachers to build a strong and active network that enables them to communicate with one another. Since December 2009, the Canadian Association for Japanese Language Education (CAJLE) and the Japan Foundation, Toronto have been co-organizing events to build a good foundation for the articulation of Japanese language education.

For the 27th event of the series, we will introduce initiatives in “Japanese as a heritage language education” in various places in Ontario. The education institutions will introduce their programs while showcasing new teaching materials and unique activities along with actual samples of students’ school work.

For those who cannot come to JFT, online participation will also be available. Please confirm the details of how to participate online below.

We ask that those who participate both in person and online please register at the website listed below.

 

Date: Saturday, July 21st, 2018

Time: 1:30 pm EDT to 5:00 pm EDT (Doors open at 1pm EDT)

Place: The Japan Foundation, Toronto         2 Bloor Street East, Suite 300, Toronto, Ontario

 

Schedule:

1:00 pm Doors open

1:30 pm Introduction

1:40 pm Presentation: The Potential of Japanese as a Heritage Language Education Based on the Concept of Pluriculturalism / Plurilingualism                  Kaori Tanaka, The Japan Foundation, Toronto

2: 10 School Presentations:

  1. Kingston Japanese Language School, Kingston ON: (Keiko Aoki)
  2. Sakura Japanese Language School, Waterloo, ON: (Michiyo Uchida, Kumiko Kunizane)
  3. Forest City Japanese School, London ON: Makiko McEvoy (Kindergarten), Takumi Uchihara (Elementary School)

3:55 Networking

4:30 Closing

* The venue will remain open until around 5pm for those who wish to remain a bit longer.

 

How to participate online:

  • The system we use for the workshop is “Zoom”
  • During the workshop, online participants can ask the presenter questions using the chat box. However, the lecturer may not be able to answer all online questions depending on the situation.
  • This information exchange meeting will not be recorded. We appreciate your understanding that there will be no opportunity to watch the event online after the fact.

 

Required gadgets:

  • Internet connection
  • Mic & Camera
  • Earphones or head set
  • Goggle account (if you would like to ask questions using the chat box)

 

How to use Zoom:

  • The link or “Meeting ID” will be sent to those who register in the workshop. The program is downloaded automatically and you can connect the site automatically. It may take more than 5 minutes especially for the first time, please open the link more than 5 minutes ago for those who use the system first time.
  • For those who will use smart phones and tablets, please download the application called “ZOOM Cloud Meeting” before the event. After opening the application, input the “Meeting ID”.

 

  • iTunes https://itunes.apple.com/ca/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
  • Android https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings

 

Registration: Please register online at http://jftor.org/event/keizoku27

 

For Inquiries:

Noriko Saito (The Japan Foundation, Toronto)

E-mail: nsaito@jftor.org           Web site: www.jftor.org

Ikuko Komuro-Lee (CAJLE)

E-mail: ikuko.komuro.lee@utoronto.ca            Web site: http://www.cajle.info/

(Posted on June 22, 2018)


拡張現実ゲーム作成ワークショップ

最近よく耳にする拡張現実技術(AR)とはどのようなもので、
また言語学習にどのように取り入れることができるのでしょうか。

本ワークショップでは、拡張現実技術について知るとともに、
実際にゲームを作ってみることで、言語学習における可能性に
ついて一緒に考える機会を提供したいと思っています。

【日時】2018年7月28日(土) 10:00-13:00
【会場】東京医科歯科大学 湯島キャンパス
(地下鉄・JR 御茶ノ水駅・新御茶ノ水駅すぐ)

【参加費】無料

【定員】15名(要申込)
【詳細・申込】https://www.kokuchpro.com/event/709837e80eb3781b6c6b0729069ec46a/

 

問合せ:東京医科歯科大学 米本和弘

kazuhiro.yonemoto@gmail.com

(Posted on May 16, 2018)


 

THE JAPAN FOUNDATION, TORONTO

2018 JFT SUMMER LANGUAGE BRUSH UP & PD WORKSHOP FOR TEACHERS OF THE JAPANESE-LANGUAGE

 

Date: Wednesday, July 4 to Saturday, July 7, 2018

Location:Simon Fraser University, Burnaby Campus, BC

 

Eligible Candidates: The following individuals are eligible to participate in the program:

  1. a) In principle, those who are currently employed by the applying organization as a Japanese-language teacher and who will continue teaching in the aforementioned organization after their return.

* If you are a Japanese-language teacher who does not meet the above eligibility requirements but still wishes to participate in this program, please contact Ms. Noriko Saito at nsaito@jftor.org.

  1. b) Those who did not complete their compulsory education (elementary and junior high school, 9 years) in Japan.

 

Details:This is a four-day workshop designed for non-native Japanese language teachers, including a one-day workshop open to other teachers on the first day.

For the first day, Mr. Murakami will conduct a workshop: “Teaching Japanese as an Autonomous Learner.”

The remaining three days are an “overnight camp” workshop, focusing on autonomous learning with the goal of brushing up participants’ Japanese skills.

 

Tentative schedule:

Day 1 (July 4): One-day workshop: “Teach yourself Japanese as an Autonomous Learner”

How to grow as a teacher, and as a Japanese/English/French user

  • Autonomous Learning Strategies (Oxford SILL, CBLL)
  • Autonomous Learning Resources (Extensive reading, online, collection of conversation topics)
  • How to use online tools (Zoom etc.)

Day2 (July 5):

  • Sharing learning methods
  • Self-Reflection (What kind of Japanese language do you want to study? What you want to be able to do?)
  • Trying out various resources
  • Planning for autonomous learning on the next day.

Day 3 (July 6):

  • Autonomous learning based on the plan from the day before
  • Sharing progress and any changes

Day 4 (July 7):

  • Retrospective
  • Discussion of continuing learning after the workshop

 

Language:Conducted primarily in Japanese.

 

Grant Coverage:

JFT will bear the following expenses in accordance with its regulations.

  1. a) Accommodation
  2. b) Training program

The participants will bear the following expenses:

  1. a) Cost for travel
  2. b) Meals during the program

 

Application Procedures

Applications should be submitted via e-mail to Ms. Noriko Saito (nsaito@jftor.org) at the Japan Foundation, Toronto no later than May 22, 2018.

     Download the application at:

http://jftor.org/language/teachers/summer_training/2018workshop/

 

【Contact】Noriko Saito (416)-966-1600 ext. 224 nsaito@jftor.org

 

(Posted on May 15, 2018)


 

2018年度バイリンガル・マルチリンガル(BM)子どもネット研究会

  海外・国内におけるバイリンガル・マルチリンガル児の発達支援の実際

                     ―言語教師に何ができるか?

中島和子先生を中心にリミテッド状況の子ども達の言語発達に関心を持ち活動している「バイリンガル・マルチリンガル(BM)子どもネット」からのお知らせです。8月に第3回BM子どもネット研究会を開催します。共に情報を共有してよりよい指導を考えるための学びの場にしたいと思います。午前の部は皆さまからの様々な悩みや相談に応える「相談デスク」と「ポスター発表」で構成するので「相談」や「ポスター発表」を募集しております。応募締め切りは6月20日です。一人で悩まずみんなで問題を共有し共に対応策を検討しましょう。

(BM子どもネットの趣旨は:こちらをクリック )

 

  • 日時 2018年8月12日(日)

9:30~10:00 開会、 趣旨説明・用語説明(中島 和子(トロント大学名誉教授))

10:00~11:30相談デスク1~4 ※相談デスクの相談事例を募集します。後をご覧ください

11:30~12:30 ポスターセッション※発表を募集します。応募要領をご覧ください。⇒こちらをクリック

12:30~13:30  知り合い・語り合いランチ

13:30~15:30 講義およびワークショップ海外・国内におけるバイリンガル・マルチリンガル児の発達支援の実際―言語教師に何ができるか?講師:バーンズ亀山静子氏

15:30~15:45 休憩

15:45~16:45 小グループによるディスカッション

16:45~17:30 講師によるグループディスカッションのまとめ、閉会

 

  • 場所 国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)ダイアログハウス2階会議室および1階食堂

交通アクセス https://www.icu.ac.jp/about/access/index.html

 

  • 参加費 1000円

 

定員100名

★当日不参加でも会員登録をご希望の方はこちらから http://goo.gl/forms/rR6xirJ87F

(研究会のまとめ、次年度の研究会開催情報などをメールでお送りします)

 

  • 講師プロフィール:ロングアイランド大学にて特殊教育学修士号、ニューヨーク市立大学にてスクールサイコロジー修士号取得。ニューヨーク州認定スクールサイコロジスト。特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S-SV)。東京-フロストバレーYMCAパートナーシップアドバイザー委員。 同州の特別支援教育の教師資格も持つ。現地の教育委員会を通じ、幼稚園から高校まで現地校・日本人学校を問わず家庭で日本語で話す子どもの発達・教育・適応に関しての仕事に携わる。おもに心理教育アセスメント、学校のスタッフや保護者とのコンサルテーション、子どもの指導やカウンセリングなどを行い、一人ひとりの子どもたちの個性を輝かせ、その力を伸ばすために、具体的な指導のスキルアップを目指している。ニューヨーク日本人教育審議会・教育文化交流センター教育相談室の相談員。早稲田大学大学院、東京家政大学大学院の非常勤講師。アメリカで出産・子育ても体験。日米両国の教育事情に通じ、実践的なセミナーや学会講師などに定評がある。『海外子女教育』(海外子女教育財団)他多数に執筆。最近の翻訳書に「UDL学びのユニバーサルデザイン」ホール他・著(東洋館出版)がある。

 

  • 相談デスクについて

複数言語環境で育つ子どもの言語発達で疑問に思うこと、指導で悩むこと、リミテッド状況で診断が必要ではないかと危惧するケースなど、参加者の相談を受け付けて、当日専門家や相談員のアドバイスを聞きながら、参加者とともに解決を探ります。

相談を希望する方は、氏名・所属・質問の概略を6月20日までに事務局へお送りください。

 

バイリンガル・マルチリンガル子ども相談室ウェブサイト

⇒ https://sites.google.com/view/bmcn/home?authuser=1

 

主催 バイリンガル・マルチリンガル子どもネット(BMCN) 共催ICU教育研究所

BMCNウェブサイト:http://harmonica-cld.com/double-limited

(Posted on May 15, 2018)


 

ダグラスカレッジ教員公募のお知らせ

Douglas College より教員公募の通知が参りました。

詳細はリンクにてご覧ください。 http://www.douglascollegecareers.ca/postings/2098

The Department of Modern Languages at Douglas College is inviting applications for a Probationary Regular Full-time Position in Modern Languages (Japanese), commencing at the end of August 2018 and finishing in August 2019.

For specific details about the position and application procedures, please visit:  http://www.douglascollegecareers.ca/postings/2098

(Posted on April 22, 2018)


 

オンタリオ州ウォータールー 日本語教師・保護者のための日本語教育研修

子どもの言葉のちからを考える

~ドイツの<複文化・複言語キッズ Can Do>の活動を参考にして~

 
●日時 2018527日(日)
100130 開場、ネットワーキングランチ ※サンドイッチをご用意します。自由にご歓談ください。
130135 挨拶 
135220 講義「CEFRとは?Can-do statementとは?」田中香織先生The Japan Foundation, Toronto
220230 休憩
230245 発表行動中心アプローチの教授法の講義を受けてみて」
245325 活動「うちの子どものCan Doって?」
325330 まとめ
 
●場所 レニソンユニバーシティーカレッジ REN 2102号室240 Westmount Road North, Waterloo, ON, N2L 3G4
 
●参加費 無料
 
●駐車場のご案内
Renison University Collegeの駐車場は5月から工事に入るため使えませんが、研修会の参加者はこの日に限って、
St. Paul’s University College190 Westmount Road North)の駐車場に無料で止めることができます。
そのほかのキャンパス内の駐車場については大学のウェッブサイトおよびキャンパスマップをご参照ください。
 
●お申込み・お問合わせ kkunizane@uwaterloo.ca / 519-884-4404 ext. 28661(5月23日(水)までにお申込みください!)
 
後援:カナダ日本語教育振興会(CAJLE)、レニソンユニバーシティーカレッジ
協力:国際交流基金トロント日本文化センター

 

(Posted on April 22, 2018)


ご不明な点などのお問い合わせは下記の電子メールアドレスへお願いします。
If you have any questions about the information on this page, please feel free to contact us by email at:
Si vous avez des questions au sujet de ce site, n’hésitez pas à communiquer avec nous: