Resources

J-GAP

Japanese Global Articulation Project (J-GAP)

このプロジェクトは2015年3月を以て終了しました。

言語教育におけるアーティキュレーションとは、プログラム間の連続性・連携、プログラム内のコース間の連続性・一貫性を指します。アーティキュレーションが確立していれば、例えば、高校で 日本語を勉強してきた学習者が大学で勉強を続ける場合に、これまでに学んだことを無駄にせず、次のレベルに進むことができます。このように継続学習が効率的に行われる場合は、最終的に学習を終えるまでに、より高い運用能力を身に着けることができます。しかし、実際には、学習機関が変わるたびに、様々な理由で初級のコースに振り分けられ、なかなか上のレベルに到達できないケースも多いかと思います。

日本語教育グローバル・アーティキュレーション・プロジェクト(J-GAP)は日本語教育学会に事務局を置く日本語教育グローバルネットワークのプロジェクトで、世界各国、各地域における日本語教育のアーティキュレーションの達成、ならびに海外の日本語教育と日本国内日本語教育とのアーティキュレーション達成を目的としています。

カナダではCAJLEがこのJ-GAPに参加しており、トロントとその周辺地域をモデル地区に、日本語の継続学習支援の観点から教師間のネットワークの確立、情報共有の環境整備、アーティキュレーションを難しくしている要因の特定などに取り組み、プログラム・コース間のアーティキュレーションの達成を目指しています。定期的に勉強会を開催し、欧州評議会「ヨーロッパ言語共通参照枠」(CEFR)、国際交流基金「JF日本語教育スタンダード」、「みんなのCan-Doサイト」などを参照ツールとして、教え方・学習・評価を振り返り、共通尺度の構築やそれぞれのコースのシラバス改訂などを行っています。

カナダ、および参加各国J-GAPの具体的な活動内容はJ-GAP@Wikispacesで随時紹介しています。

*This project has ended as of March 2015.

The word articulation is used within language education to indicate coherent linkages among programs or courses in terms of course content at a given level of study. If articulation is accomplished across language programs/courses at different levels, for instance, individuals who have studied Japanese at high school are able to proceed to the next course level upon entering university. Thus learners are able to attain a higher level of proficiency by the time they complete their education. In reality, however, we have frequently witnessed cases where learners repeat introductory-level courses when they move from one program/course to another due to various factors.

The Japanese Global Articulation Project (J-GAP) is being conducted by the Japanese Language Education Global Network, which is affiliated with Nihongo Kyoiku Gakkai (Society for Teaching Japanese as a Foreign Language). J-GAP aims to achieve articulation in Japanese language education worldwide.

In Canada, J-GAP is run by CAJLE, and is currently focusing on the greater Toronto area and nearby cities in Ontario. J-GAP Canada has set 3 objectives: networking, information sharing, and identifying the gaps among programs/courses, all in order to achieve articulation and to support learners who wish to continue learning Japanese.

Please visit J-GAP@Wikispaces for more information on J-GAP activities in Canada and other countries.

Japanese Language Education in Ontario

References

Articulation アーティキュレーション

CEFR/JF Standard for Japanese Language Education CEFR/JF日本語教育スタンダード